Twitterの今

【Twitter利用者4000万人がマーケティングにもたらす即効性と拡散性】

 

今日は、前回のLINEマーケティングにつづき、

Twitterの今についてのお話をします。

5月10日~12日に東京ビッグサイトにて開催された

Web&デジタルマーケティングEXPOの講演会の中から、

シェアしてまいります。 続きを読む

LINEマーケティングの最新情報

【2017 Japan IT Week】

 

5月10日〜12日まで、東京ビッグサイトにて
Japn IT Weekが開催されました。

 

その中のひとつ
Web&デジタルマーケティングEXPOへ
行ってきました。

 

今回の目的は、
LINEとTwitterにおけるマーケティング活用の講演会

 

今日は、まずLINEについてレポートします。 続きを読む

小さな店舗の経営者がブログやSNSで情報発信すべき3つの理由

百年経営コーディネーターの吉田順子です。

あなたは、日頃からブログやSNSを使った
情報発信をしていますか?

もし、まだ始めていないのでしたら、
今すぐ始めましょう。

 

今や、オンラインコンテンツは、オンラインビジネスばかりでなく、
オフラインビジネスにおいても、効果的なマーケティングツールとなっており、
必要不可欠なものとなっているのです。 続きを読む

この数字を知らない?あなたの会社を襲う恐ろしい未来

百年経営コーディネーターの吉田順子です。

あなたは会社の数字を把握していますか?

なぜ、会社の数字を把握しておくことが大事なのでしょうか?

それは、毎日数字を計測することで、
自動的に成長できる可能性が生まれるからです。

目的に向かっていく際に、普通は一直線には進めず、
曲線を描きながら進んでいくことが多いですよね。

いつの間にか途中で進む方向がずれてしまっても、
数字を計測して把握していれば、

少しズレても、気づいて修正することができます。 続きを読む

人が面倒だと思うことをやり続ければ成功する

百年経営コーディネーターの吉田順子です。

あなたは、始めたことを面倒だと思って
途中でやめてしまった経験がありますか?

最近の傾向として、

いろいろなことを
簡単に始められるようになったものの、

すぐに諦めてしまう人が多いのではないでしょうか?

昔に比べて、チャレンジできる
選択肢が増えたことで、

あれこれ手を出してみたくなりますよね。 続きを読む

5段階の意識レベルに合わせて販売しよう

百年経営コーディネーターの吉田順子です。

昨日は、ウォンツ(欲しいと感じる)商品は、
欲しいという感情を刺激すれば、

人は買わずにいられなくなり、
簡単に売れるようになると、お話ししました。

また、緊急性のある悩みや問題を抱えている場合、
解決策を探しているので、

それを解決してくれる商品であれば、
すぐに売れることもお話ししました。

そして、ニーズ(必要と感じる)商品は、
売るコツがあること。

人の問題意識には段階があるので、
その段階ごとに、お客様へのアプローチを変えていかないと、

商品の販売につながらないということでした。

全く問題を認識していないお客様に対しては、
どんなに「あなたには必要な商品ですよ。」
と宣伝しても、

お客様本人に自覚がないので、
販売に繋がりにくいこともお話ししましたね。 続きを読む

人間心理を理解すればマーケティングは簡単

百年経営コーディネーターの吉田順子です。

あなたが販売している商品(サービス)は、どのような種類のものですか?

悩みや問題を解決する商品ですか?
欲しいという欲求をかりたてる商品ですか?

あるいは、必要とされる商品ですか?

悩みや問題を解決したり、
欲しいという欲求をかりたてる商品を

ウォンツ(欲しいと感じる)の商品といいます。

一方、必要とされる商品を
ニーズ(必要と感じる)の商品といいます。

そして、ウォンツの商品と
ニーズの商品では、

販売の仕方も別々に考える必要があります。 続きを読む

経営者の「苦しい時の神だのみ」はありか?

百年経営コーディネーターの吉田順子です。

苦しい時の神だのみ
あなたはしたことがありますか?

私は、あります。
正確に言うと、以前はしていました。

今は、苦しい時にお願いするのではなく、
毎日神棚に向かって、感謝を伝えています。

実は、苦しい時だけでなく、
日頃から目に見えない存在を敬う心が大切なようです。 続きを読む

ダイレクトレスポンスマーケティングに取り組むべき理由

あなたの会社では、
ダイレクト・レスポンス・マーケティングに取り組んでいますか?

ダイレクト・レスポンス・マーケティングとは、

ダイレクトメールや新聞の折込チラシなどの広告、
またはWebサイト上で、情報発信を行い、

それに対して注文や問い合わせなどの返答が来た見込み客
(将来顧客になる可能性のある人)に対して、

直接的に「商品(サービス)」を販売していく手法のことです。 続きを読む

街の電気屋さんが100年近く続いている理由その③

あなたには、信頼できるビジネスパートナーがいますか?

「頼りになる右腕が欲しいけど、
やる気のある社員がいなくて困っている。」

「自分の思った通りに動いてくれる社員がいれば、
こんなに忙しく働かなくて済むのに。」

「どうしたら優秀な社員が見つかるのだろう?」

こんなことを思っていないですか? 続きを読む